バット・ボーイズ

投稿者:

刑事もの映画で初めてスタイリッシュに感じた映画が「バット・ボーイズ」です。
音楽や、画面構成もそうですじ、当時は、油臭いゴリゴリな刑事ものが多かったですからね。
1995年 マイケル・ベイ監督作品です。
マイケル・ベイ監督初作品であり、ウィル・スミス出世作ですね。
そう思うと感慨深い映画ですね。
低予算で、コメディ要素を入れてあるのに、アクションも派手というお約束満載の映画です。

マイアミ市警で働く二人(お金持ちでド派手なマイクと、家族想いで争いが嫌いなマーカス)の黒人警官が大量の麻薬を押収するも何者かに盗まれてしまう。それを、外部に漏れる前に取り返す作戦を開始する。しかし、ことの成り行きで、正反対な性格の2人の生活を入れ替えなくてはならなくなってしまい。任務の他に、2人の間に様々な問題が発生するという映画です。

マイケル・ベイ監督の十八番とも言えるカーアクションのそのセンスの良さがにじみ出ています。
先にも書きましたが、対照的な2人の生活の入れ替わりが、その性格の違いとともにはっきり違うことが描かれていて、それがまた楽しい要素にもなっています。
何より、マイクとマーカスのやりとりがすごく軽快です。
そして、会話に面白要素を入れてきます。
マーカス役の、マーティン・ローレンスは、コメディアンということもあるんでしょうが、随所に笑いが散りばめられています。
かといって、マイケル・ベイ監督、アクションにも手抜きがありません2丁拳銃を使ったり、マシンガンを派手に乱射したりとすごくテンポがいいです。
最後には、有名なあの車も出てきて、チキンレースを展開します。
そして、スッキリ映画が終わるなんとも気持ちいい映画です。