映画「東京家族」でじわっと泣く

投稿者:

「東京家族」は、小津安二郎監督が作った映画「東京物語」(1953年)をモチーフにして、山田洋二監督が作ったものです。「東京物語」を見たことがありまして、とてもしみじみとしたでも深く考えさせられる良い映画だったことから、興味を持って見ました。

時代も違いますので描き出すものも結構異なっていたのですが、山田洋二監督はさすがだなあと思いました。見ているときもジーンとくるのですが、見終わってからもずっと映画の余韻が残りますし、家族について考えさせられるのです。

老夫婦が田舎から出てきて、子供たちの家に泊まることになるのですがどうもうまくいきません。住宅街でお医者さんをしている長男の家では中学生の孫にうっとうしがられたり、次女は美容院を経営していて忙しく、両親をホテルに泊まるように仕向けていきます。親を無下にするなんて・・・。見ていてもこちらがつらくなってしまいます。老夫婦役の橋爪功さんと吉行和子さんが上手に演じているので、なおさら感情移入してしまいました。

実は末っ子の次男がいて、社会的には立派だとは言い難いので両親の心配の種だったのですが、この子が一番情が深かったというお話です。次男役は妻夫木聡さんなのですが、母親が突然倒れて病死してしまったときに病院の屋上でうっと泣くシーンはこちらも涙が止まりませんでした。茶目っ気があって気取りのない次男に妻夫木聡さんははまり役でした。

親孝行したいときには親はなし。とても人のあり方を考えさせられる映画でした。