実話をもとにした映画「セブンイヤーズ・イン・チベット」

投稿者:

私の印象に残っている映画のひとつ「セブンイヤーズ・イン・チベット」について書きたいと思います。

この物語は実話をもとに映画化された話です。オーストリア人の登山家ハインリッヒ・ハラー(ブラット・ピット)とダライラマ14世の出会いと友情を第二次世界大戦前後の時代を背景に描かれています。

当時のオーストリアはナチスの配下にあり、ハラーはナチス党員としてヒマラヤに登頂に向かいました。しかし、雪崩や悪天候の影響でヒマラヤ登頂を断念します。そして、その帰路でナチスと戦争になったイギリス軍に捕まり捕虜収容所に収監されてしまいます。しかし捕虜収容所を脱走し仲間のペーターと行動を共にし、チベットに渡ります。

そして、この国では暮らすことになり後にダライラマ14世と出会うことになりました。

ダライラマ14世と出会い関わることになったハラーは、徐々に心境が変化していきます。

ハラーは性格に問題がありました。それまでの彼は自己中心的なところがあり、協調性に欠けていたため、周囲の人たちと度々衝突していました。

そのため嫌われる存在でした。

しかし、ダライラマとの出会いが彼自身の考え方を変えていきます。

映画の中では、ダライラマと出会ってから終盤にかけて彼が変わっていく姿がよくわかります。

チベットという神秘的な国柄と人々の優しい心がそうさせたのかもしれません。

私もハラーと共感するところがあり、見入ってしまいました。

ゆっくり見るにはいい映画なのでオススメします。