映画「東京家族」でじわっと泣く

「東京家族」は、小津安二郎監督が作った映画「東京物語」(1953年)をモチーフにして、山田洋二監督が作ったものです。「東京物語」を見たことがありまして、とてもしみじみとしたでも深く考えさせられる良い映画だったことから、興味を持って見ました。 時代も違いますので描き出すものも結構異なっていたのですが、山田洋二監督はさすがだなあと思いました。見ているときもジーンとくるのですが、見終わってからもずっと映画の余韻が残りますし、家族について考えさせられるのです。 老夫婦が田舎から出てきて、子供たちの家に泊まることに... Read More